FC2ブログ
team nacs、どうでしょう、ラーメンズ、Perfumeをまったり気ままに綴っていこうと思ってます。
再演DOOR~在り続けるためのプロセス
2007年03月25日 (日) | 編集 |
20070325090134.jpg  脚本・演出/森崎博之 1998年4月28日~5月9日
全14ステージ ルネッサンスマリアテアトロ 4000人動員
TEAM NACSデビュー公演。大学時代に上演した芝居の焼き直し。

全6話のオムニバスストーリー。遮断・通過・境界・限界・出口・閉鎖という6方向のDOORを表現。

大学生5人がお酒を飲んだ帰り、車に乗って大事故を起こし、その重みに耐えられず全員現実から精神的逃避しているんですね。
つまり、事故を起こした事は忘れているんです。
入院している精神病院で治療の為、5人で色んな話をしているうちに
正気に戻っていくとゆう・・・
でも、正気に戻る瞬間にまた現実逃避が始まり、ループして永遠に続くのか??っていう、ちょっと難しいはなしです。^^;

この舞台、イナダ組さんが参加なさっておりましてね。
いや~、皆さんお若い!(笑)
安田さんなんかは、歯を矯正される前のようで、歯並びが悪いんですよねぇ~(笑)

劇場が今と違って狭いせいか、マイクなんかは使ってなようでございますよ。セットも衣装も(白いシャツに黒パンツ)シンプルでしてねぇ~
こういう時代もあったんだな、と思いますね。
成長をし続けて、今があるんだとつくづく思いましたよ。

舞台の途中からキンキラキンの衣装を身につけましたリーダーがお出になるんですがね、一気に舞台が元気になりますね。(笑)
なぜか歌って踊るとゆう・・歌が『あいつはあいつは顔でかい~♪』でございますよ。最高です!おまけに安田さんと熱烈なキッス!(笑)

ってことで、映像なり舞台なりで拝見したナックスさんを
気が向いた時に書いていこうかと思ってますよ~。^^





スポンサーサイト